トップ > お知らせ一覧 > はと麦CRDエキスが、食品開発展2016にて開発者の金沢大学大学院鈴木教授により紹介されました。
はと麦CRDエキスが、食品開発展2016にて開発者の金沢大学大学院鈴木教授により紹介されました。

2016.10.17 更新

10月5,6,7日東京ビックサイトにて開催された日本最大の食品開発展2016で、はと麦CRDエキスの効能・効果が発表されました。

食品開発展出展社プレゼンテーション講演題目:ハトムギCRDエキス(高機能な健康・美容素材)の研究開発とその応用 金沢大学大学院 臨床研究開発補完代替医療学講座 特任教授 鈴木信孝 講演内容:はと麦の機能性①肌美容 ②にきび ③抗寄生虫 ④抗肥満 ⑤抗糖尿 ⑥抗高脂血症 ⑦骨粗しょう症 ⑧肩こり ⑨冷え性 ⑩不妊症 ⑪抗腫瘍・がん化学予防 ⑫抗炎症 ⑬抗アレルギー・抗酸化 ⑭抗紫外線 ⑮利尿作用 ⑯ペットフードなどの効果が紹介され、はと麦の有用物質は70種類以上でその相乗効果も期待される。はと麦は昔からイボとり効果で民間療法で使用されてきているが、その安全性と多様な効能が期待される健康食品素材である。

はと麦CRDエキスは、食品原料素材として弊社で取り扱っています。

ページトップへ戻る